不動産投資のススメ|一棟買いでリスクを回避しよう

賃貸借契約と連帯保証人

集合住宅

保証人なしでも入居できる

アパートやマンションなどの賃貸物件へ入居をする際には、賃貸借契約を結ぶことになります。その契約時に必ず求められることになるのが、親や兄弟などの親族による連帯保証人です。この連帯保証人の役割は、賃貸借契約を結んだ本人が何らかの事情から家賃を支払うことができなくなった時に、本人に代わって家賃を支払うことにあります。賃貸借契約を結ぶ際によって、賃貸物件の所有者は家賃を取りはぐれるというリスクを回避しているのです。しかし、近年では核家族化が進んでいることに加えて、積極的に親族と交流を持っているという人もそれほど多くはないといった事情も増えているのです。そのため、賃貸借契約を結ぶ際に連帯保証人となってくれる人がいない場合も多く、その結果として家賃債務保証会社へのニーズが高くなっています。家賃債務保証会社とは、賃貸の物件に入居をしている人が家賃の支払いができなくなってしまったときに、本人に代わって家賃の支払いを立て替えてくれる会社です。このような家賃債務保証会社を利用するメリットは賃貸物件を貸す側、借りる側の双方にあります。賃貸物件を貸す側は、家賃債務保証会社を利用することで家賃収入が途切れることなく毎月確実に手に入れられます。一方、借りる側は連帯保証人となってくれる人物をわざわざ探さなくて済むのです。ただし、家賃債務保証会社を利用するにあたっては、保証料として家賃の何割かを支払う必要があります。万が一、家賃の支払いを何回も滞納してしまったときには、家賃債務保証の契約の更新を断られてしまう可能性があるので注意が必要となってきます。